おまとめローンでカードローンの整理

 

わたしは、複数のカードローンを利用しました。結果として、自分の借金がどれくらいあり、金利をどれくらい返す必要があるのか把握ができなくなりました。そこで、銀行のおまとめローンを利用し、借り換えを行い、借金を整理したのです。

 

お金のことは金融庁を参考に

 

【1】沢山のローンをつくったきっかけ

 

私は、ギャンブルが大好きでした。特にパチンコがお気に入りです。なんと言っても、家の近所にはたくさんのパチンコ屋さんがありますので、手軽に行くことが出来ます。競艇や競馬もそれなりに好きでしたが、インターネットで馬券を買うだけではどうもストレス発散になりません。かといって、毎週、競馬場なんかに行くのは面倒です。そんなこともあり、平日の勤務明けや休日にはパチンコに出入りすることが多くなりました。

 

私は仕事の関係上、非常にストレスが溜まりやすい環境にありました。パチンコはそんなストレス発散にはもってこいだったのです。ほぼ、毎日、パチンコ屋さんに行きました。最初はお小遣いの範囲でやっていました。前の日に勝ってお金を手にしていれば、そのお金を元手に次の日もパチンコをしたのです。するとだんだん、手元資金だけでは満足しなくなりました。

 

負けてお小遣いが無くなっても、我慢することが出来なくなったのです。パチンコ屋さんの近くには、カードローン会社の無人契約機があることが多いです。自然の流れから、私はカードローンを利用するようになりました。

 

【2】複数のカードローンを借りるようになりました

 

最初は、カードローンでお金を借りると、すぐに返すように心がけていました。でも、仕事のストレスが減ることはありません。私は、パチンコをし続けるために、カードローンの返済が残っていながらも、新しいカード会社と契約をしてしまい、複数のカードローンを抱えるまでに至りました。

 

【3】カードローンの現状把握が出来なくなり、おまとめローンに借り換えることにしました。

 

借りているカードローンは複数にもなりましたので、返済をしなければならない金利も相当な額になりました。当初は、パチンコをするための軍資金を借りていましたが、気が付くと金利返済のためにカードローンを続ける状態になってしまいました。こうなってくると、次の返済日はいつで、その返済額はいくら必要なのか、またいつ全てのカードローンが返済完了するのかも皆目見当が付かなくなったのです。私は、そんな現状に危機感を持ち、インターネットでいろいろ解決策を調べ、銀行のおまとめローンという手段を知りました。おまとめローンは当然のことですが、それほど、金利は安くありません。

 

というより、通常のカードローンとほぼ同じくらいの金利です。おまとめローンにするメリットとは、今の複数のカードローンを一つにすることにより、全体像をきちんと把握でき、返済日も一定ですので、計画性を持って借金を減らせるということです。もちろん、おまとめローンを利用するには審査があります。通常のカードローンの審査は非常に簡単で、即日融資実行をしてくれます。

 

ところが、おまとめローンはそういう訳にはいきません。複数の借金をひとつの銀行で引き取ってもらうのですから、それなりの審査が行われます。それを通れば無事、融資が実行されます。私は、全額完済に向け、今ではパチンコを控え月々の返済を延滞することなく行っています。

 

複数、カードローンがある方は、おまとめローンへの借り換えをおすすめします。もちろん、借金の内容によっては民事再生法の適用しか方法はない場合もあります。でもそこまで借金の金額が大きくない人は、複数のカードローンを一つにまとめることで、返済計画が立てやすくなります。ぜひ、ご検討されることをおすすめします。審査の通過の確立を出来るだけ高めたいなら、おまとめローンの審査ポイントを抑えておくことが大切です。

借り換えローンとおまとめローンで返済を楽に

 

はじめに
消費者金融や信販、クレジット、銀行などからお金を借りたときは当然ながら元金に利息を併せて返済することが必要です。
まとまった金額を借りたときは返済期間も長くなり、利息のお支払い分が増えやすいです。
お金を借りるような経済事情なのですからなるべく抑えたいところです。
そんな金利分のお支払いを節約する方法として借り換えローンとおまとめローンがあります。

 

【1】借り換えローンは

 

金利の高い1社の借入を金利の低いところに借り換えするのに良くご利用されるのが借り換えローンです。
お金を借りたけど後になってもっと金利の低い借り換えローンがあったと言うときに便利です。
返済のみのご利用となり追加で借入することは出来ないので注意が必要です。

 

 

【2】おまとめローンは

 

複数の借入を金利の低いところにまとめるのに良くご利用されるのがおまとめローンです。
3社以上から借りていると毎月3回以上も返済の手続きをすることが必要です。
月末の混んでいるときに返済のためATMに並んでいては時間が掛かってしまいます。
そんなときでもおまとめローン一つにまとめておけば毎月1回だけの返済の手続きで済んで楽になります。
おまとめローンにまとめるだけで金利も低くなることが多いです。
それは利息制限法によって借入金額が多いほうが上限金利が低くなるからです。
利息制限法では10万円未満の借入で年20%が上限と定められています。
3社から5万円ずつ借りていると合計15万円の借入となりますが、それぞれ上限金利は年20%のままです。
利息制限法では10万円以上から100万円未満の借入で年18%が上限になります。
1社におまとめすると合計15万円の借入はそのままですが、上限金利が18%になるので2%分の金利が低くなるのです。

 

【3】総量規制の対象外

 

総量規制では貸金業者からの借入総額は原則年収の3分の1を超えてはいけないと定められています。
個人の方は借入金額が制限されてしまいますが、総量規制には例外貸付があり顧客が一方的に有利となる借換えはこの例外貸付に該当します。
総量規制を気にすることなく借り換えローン、おまとめローンをご利用することが可能です。
銀行はそもそも総量規制の対象外です。
しかしあまり年収に対して借入金額が多いと返済能力が足りないと判断され審査に落ちることがあるので注意が必要です。

 

 

まとめ・終わりに

 

借り換えローン、おまとめローンの審査に受かって借り換えやおまとめができてもまだ返済は残っています。
返済を楽にするためのローンであり、借金問題の解決にはなりませんので事前に把握しておいて下さい。

 
更新履歴