おまとめローンのデメリット

 

おまとめローンを利用すれば、借金の返済を楽にできるというようなことがよく言われていますが、おまとめローンにもデメリットというのは存在します。

 

では、どんなデメリットがあるのか?次のような面があります。

 

 

1 そもそも審査に通りにくい

 

 おまとめローンのデメリットとしては、まずそもそも審査が厳しい側面が否定できないことにあります。審査が厳しいのは、やはりすでに復讐の業者にお金を借りている状況でありますから、これからおまとめローンを申請する人がお金を返済できるかどうかかなり神経質にならざるをえない側面が強いからです。ある意味、破裂しそうな風船が自分のところになりますから、何とかして破裂させないようにするためには、返済ができるようにしないといけません。ですので、審査の際には厳しさが付きまとうのです。そのデメリットによって、利用したくても利用できない人もいるのです。

 

2 せっかくおまとめしても、金利が安くならない

 

 また、おまとめローンはせっかく金利を安くするために借金の借り換えを行ったとしても、借金の金利が余計に重くなってしまう子おtもあります。例えば、おまとめローンを利用したはいいが、借金の返済期間が延びてしまうと、かえって金利の負担が大きくなってしまったりすることがあります。また、おまとめローンを利用したことによって過払い金が前に借金していたところにあったとしても、返還請求が出来なくなってしまうという面もあるため、そのあたりにも大きなデメリットが存在するのです。金利が安くなると見かけ上のものに飛びついてしまうと、かえって高くついてしまうかの世があります。

 

3 心理面での誤解

 

 ここは気の持ち様な面もありますが、おまとめローンが利用できたからと言って借金が減るわけではありません。ここで金利面などの負担減少により心理的にも負担が減ったと考えてしまうと、新たに借金をしても大丈夫だという錯覚を覚えてしまいます。そういった場合に新たに借金をしてしまったりすると、より債務が膨らんでしまってさらに多重債務をしている状況に陥ってしまう可能性があるのです。そういった心理的な面に気を付けておかないとおまとめローンを折角利用しても元以上にまずいことになってしまうこともあるのです。

 

 

 おまとめローンを利用する際には、メリットとデメリット両面をしっかりと把握しながら計画的におまとめローンを利用することを心がけましょう。